劇場案内

北八劇場 施設概要

客席数 226席
舞 台 横幅 10m80cm × 奥行 6m(張り出しあり9m)
高さ 6m

客席は2フロアあります。見やすく座りやすい客席で、ゆったりとご鑑賞いただけます。
前方の客席は可動式です。舞台を張り出して、より広く使うこともできます。
演劇をはじめとする舞台芸術、地域コミュニティー活動のための一般貸出も予定しています。

【劇場内イメージ図】

芸術監督
納谷 真大(なや まさとも)

俳優・演出家・劇作家。
札幌で活動する演劇ユニットELEVEN NINES(イレブンナイン)代表。

早稲田大学卒業後、富良野塾にて倉本聰氏に師事。
演劇企画集団ガジラ、秦建日子プロデュース、FICTION、OOPARTS等、様々な劇団に役者として参加。
2001年、処女戯曲作「EASY LIAR!」が『北の戯曲賞』優秀賞を受賞。同作品を上演し、初演出。
2004年、演劇ユニットイレブン☆ナインを結成。
2007年上演の「あっちこっち佐藤さん」はライフコート札幌舞台芸術賞演劇大賞を受賞。道内外で行っているワークショップも各方面から高い評価を受けている。
近年は、イレブンナイン、富良野GROUP、札幌座に主演する他、昼帯ドラマ『やすらぎの郷』(テレビ朝日)シリーズにもレギュラー出演。斎藤歩氏との創作の場も多く、更に活動の幅を広げている。公益財団法人北海道演劇財団 理事。

※劇場利用条件について※

利用条件に関する詳細は、2022年夏に発表予定です。

 

めざす姿~街の広場として、市民が集う劇場~

数百年にわたって劇場文化が醸成されている欧米では、大きな都市はもちろんのこと、人口の少ない街にも多くの劇場があります。
劇場が街の広場となり、市民の憩いの場となることで、地域社会の発展、魅力的な街づくりを担っているのです。
もちろん日本でも、昔から劇場はありましたが、劇場が街の顔になっていたとは必ずしも言えませんでした。
しかし、札幌の劇場と演劇は、今大きく変わり、全国から注目を集めています。

1996年「北海道演劇財団」が設立される

市民が中心となってつくられた民間の公益財団法人。
付属劇団「札幌座」は、パブリックな役割を帯びた札幌の中核演劇創造集団として国内外で活動している。

2006年「TGR 札幌劇場祭」がスタート

札幌の多くの劇場が協力して企画を競い、毎年11 月に1 ヶ月間にわたり、演劇を中心とした舞台芸術を競演している。

2012年「札幌演劇シーズン」がスタート

毎年冬と夏に各1 ヶ月間、札幌で創造された名作を再演して市民に提供。
道外も含め、毎年多くの観客が劇場に足を運んでいる。

札幌の中心、札幌駅の北口にできる新しい劇場は、このような札幌の劇場文化の発展をさらに推進し、市民が札幌で創造されたレパートリー作品を楽しむことを通して、劇場が憩いの場、世界への窓となるように努めます。
また、この劇場で創造された演劇を全国へ、世界へと発信したいと思います。
都市の価値は、その街の創造性にありますが、この度生まれる新しい劇場は、演劇で創造都市を担うことになります。


アメリカオレゴン州アシュランドにある野外劇場。
人口約2万人の街に、毎年世界中から約40万人の観客が集まり、演劇が産業となっている豊かな街。